2011年10月27日

リトルジュジュナとその弟子

27日のマチネは、前日に引き続き、
楽園での観劇となりました。
予約はこちらを先にしてましたが。

あぁルナティックシアターの舞台を
観るのはこれで5回目くらいでしょうか。
基本、佐藤歩さんが出演しているので
観に行けたら行くといったスタンスです。
もう1本出演されているのですが、
そちらは観に行く余裕なしです。

単純の平日マチネ割引があって、
今日にしましたが、麻見拓人さんが
1日だけ代打出演する回でありました。

ちょっとお得感。

話はけっこうベタな感じでした。
魔法使いの卒業テストみたいなので、
人間界で3つ善行を行うというもの。

こまごましたネタはけっこう笑えました。
キャラ重視でストーリーはいまひとつといった印象かな。
posted by ほーき at 2011年10月27日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

LIKE A SMAP!

26日の夜、下北沢の楽園で
1ステージだけのノーコンタクツの舞台がありました。
演目は「LIKE A SMAP!」

僕が観た炭酸ズノウプロジェクトの作品の中でも
1、2を争う面白さだったのが「LIKE A SMAP!」です。
どうしても観たかったので、
なんとかやりくりして観に行くことが出来ました。

予約入れたの、2日前の夜とかで
お忙しいのに本当にすみませんでした、麻見さん。

期待を裏切らない面白さでした。
8年前よりパワーアップしてるし。

それから出演していた女優さんの1人
高橋優都子さんが良かったです。
セーラー服にはやられました。
いや、出てきてすぐに、いいなと思いました。

「LIKE A SMAP!」何度も観たい作品だなあ。


posted by ほーき at 2011年10月27日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2011年07月31日

DUMP SHOW! 星組

28日のソアレ
サンシャイン劇場で
「DUMP SHOW!」を観てきました。

ダブルキャスト星の方なので、
倉持明日香と大家志津香の出演の回。

購入したらチケット代は5500円ですが、
今回はチケプレで当選しました。
なのでお席は2階席。
でも以前より椅子良くなってないか?

物語はオーナーの死去で閉店したナイトクラブを
孫娘が再オープンさせるという話。
正直、ありがちな話をありがちな展開でという、
ある意味正統派な舞台。

意外に西岡徳馬さんが噛み噛みだった(笑)
posted by ほーき at 2011年07月31日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2009年10月16日

8月・9月に観た舞台

出来るだけセーブするつもりでしたが
なんだかんだで2ヶ月で6本の舞台を見ました。

「パルプイズム」太郎プロジェクト

芝居、お笑い、持ち時間7分1人でなんでもありの企画と盛りだくさんの舞台でした。
劇団Three Quarterの「SCENE」って芝居が予想以上に良くて、びっくりしました。

「143年目のクリスマス」劇団Stepless Speed

この劇団の第1回公演ということですが、作品は改訂再演の作品です。前回のDVDが売ってたので買ってしまいました。

「京城哀歌」STUDIO HeadZ

なんか三部作の1つだけ観たので、他の話が気になりました。戦争モノは苦手なんですが、興味深く観られました。

「あなたには帰る家がある」STRAYDOG

招待で観られると誘っていただき、STRAYDOGの舞台を初めて観ました。演出のベタな感じが話しに合っていて良かったです。

「陰陽師・安屋敬一郎のXファイル」あぁルナティックシアター

観に行けないかなと思ってましたが、交通費がかからないことと、平日の割引があったので観に行きました。あぁルナティックシアターの芝居は3回目だったと思いますが個人的には1番面白かったかな。

「君がもしアンデルセンだったら」キャプテンチンパンジー

既に自分の中ではキャプチンの舞台は鉄板です。今回もぐっと来ましたよ。題材の処理の仕方は本当に上手いなあって思います。


posted by ほーき at 2009年10月16日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2009年08月19日

セブンデブ

劇団だっしゅでもおなじみの杉本長氏出演の
ソーダポップデブ初戦「セブンデブ」を観たのが先月7月の30日。

太った人たちがモテモテの芝居というコンセプトが
面白かった。ストーリーとか演出とか演技とかの良し悪しじゃなくて、楽しめてしまうところがスゴイと思いました。

私が観た回では、杉本氏がいい場面で
セリフカミカミだったのはちょっと残念!

posted by ほーき at 2009年08月19日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2009年07月31日

荒野のようじんぼー

7月19日のソアレの回に
高円寺の明石スタジオで劇団阿佐ヶ谷南南京小僧の
「荒野のようじんぼー」を観ました。

シェイクスピアのリア王を元に、
TKを王様に見立てたおもしろ悲劇でした。
とにかく歌う踊る楽しい芝居で楽しかったです。

セットがダンボールなところがココの劇団さんの
ウリだそうですが、ダンボールの戦車がステキでした。

6年ほど前に劇団阿佐ヶ谷南南京小僧の舞台を
観たときには、ちょっと好みと違うかなって印象があって、
その後、足を運ぶことがなかったのですが、
次回は行きたいと思ってます。
posted by ほーき at 2009年07月31日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2009年07月24日

ほしのふるよる

7月4日土曜日のマチネにシアターギャングスターの「ほしのふるよる」という芝居を観に劇場MOMOに行って来ました。
前回劇団だっしゅの公演に出演してくれた茂木美佐子嬢が出演ということで足を運びました。

話はおでん屋なのにカレーがオイシイと評判の屋台の主人と周辺の人々の物語。構成はちょっと昔の小劇場ぽいところがあったけど、それがマイナスな感じだったかも。笑いどころは、ところどころにあって飽きずに観れました。


posted by ほーき at 2009年07月24日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2009年07月14日

くすり(^^)フィンガー

まだ6月に観たお芝居の話です。
28日のマチネにアーティストユニットCappaの
旗揚げ公演「くすり(^^)フィンガー」を駅前劇場で観ました。

観に行った理由は、松菜美樹さんが出演されていたからだけど、
非常に面白かった。すごい狭い話なんだけど、良く出来ていて楽しかったし、いい話だった。

かなり気合入れて拍手しちゃいました。
本当のカーテンコールなんて久しぶりだったな。
posted by ほーき at 2009年07月14日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2009年07月06日

ナンノチカラ?

6月27日は、昼間、萬劇場で芝居を観た後、
新宿に移動してモリエールにて、
だっしゅの鈴木克彦君出演の
アチション「ナンノチカラ?」を観た。

人には何かしらの「チカラ」があるという設定。
2人の人物が100円ライターの持ち主を遡っていくというのが
なかなか興味ひかれて面白かったです。

オチが弱いのは課題かもしれませんが、
出来のいいストーリーに満足しました。

ラジオDJの水無月薫が良かった。
posted by ほーき at 2009年07月06日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2009年07月05日

跳(JUMP)

6月27日土曜日のマチネ
萬劇場にて、うるとら2B団の公演
「跳(JUMP)徳川終焉異聞録」を見てきました。

大窪麻衣さん出演ということで行ってまいりました。
昨年見たオムニバスとは趣きのかなり違う作品でした。

タイムスリップもので、幕末ものということで、
ベタな感じもありつつ、工夫もされていて面白く拝見できました。

ラストはもう一歩、どう変わったのかが
わかりやすく提示されると良かったかなと思いました。
posted by ほーき at 2009年07月05日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2009年06月15日

パイレーツ・オブ・トレビアン

考えてみたら自分のところの公演を挟んだものの、
観劇は1ヶ月ぶりだった。

6/5の初日にノーコンタクツの
「パイレーツ・オブ・トレビアン 世界の終わり?」を
観て来ました。場所は萬劇場。

2週間ぶりですね。また月末にも萬行きますね。

タイトルからも分かるように海賊モノ(笑)
導入はちょっと退屈な感じだったんで、
今回はどうなのかなと思ったけど、
ストーリー進行するにつれ面白くなりました。

濃いキャラ多いんで主役?がちょっと
霞んじゃったかもって印象ありましたが。

ダンスバトルも見ごたえありました。
posted by ほーき at 2009年06月15日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2009年05月27日

ネロとパトラッシュと貧乏神

3月はちょっと観に行けなかった
キャプテンチンパンジーさんの公演が
5月のゴールデンウィークにもあるということで
これは観に行かねばと思い観に行きました。

といっても実は招待してもらいました。
5月2日の初日です。

昼間は倉庫で舞台セットの作業がありました。
終わった後、時間があったので稽古場にちょっと顔を
出してから青山円形劇場に。

タイトルは「ネロとパトラッシュと貧乏神」
タイトルからして面白そうです。
なぜか貧乏神が取り憑くこととなったネロ。
どんどん不幸になりますが、貧乏神とはお友達という
なかなかシュールな設定。
キャプチンらしさをギュッと凝縮していて、
楽しくて感動的ないい話でした。

自分的には観終わった後、
稽古場に戻ったので疲れました。
まっすぐ帰っても良かったのですが、
なんとなくです。
posted by ほーき at 2009年05月27日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2009年05月22日

猿 mashira 2009

今更ながら4/22に観に行った芝居の話。

劇団ZAPPAの「猿mashira2009」という作品です。
ここ最近、松菜美樹さんが出演しているので、
続けて観に行ってますね。

今回は幕末の京都、町火消しのお話でした。
なかなか面白い題材で、2時間45分楽しめました。
ラストの方がもう少しまとまってると
いいかなとは思いました。


posted by ほーき at 2009年05月22日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2009年03月16日

ドラマティック・リーディング

3/14土曜日のマチネに朗読会に行って来ました。

さかした日出美produce
ドラマテック・リーディング
〜そよぐ弥生の風の中〜

駒込スタジオタカタカブーンというところです。
駒込なんて初めて降りたかも。

知人に西脇敬子さんが出演といことで足を運びましたが、
朗読会は苦手です。予想通り眠くなりました。

4人の読み手さんが1人1作品という形でした。
全員お着物というのがなかなか良かったです。

太宰の「葉桜と魔笛」を読まれた方がいらっしゃっいまして、
私なんか太宰は読まず嫌いなものですから、ちょっと読んでみようかと思いました。

posted by ほーき at 2009年03月16日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2009年02月25日

黄昏モンスターズ

24日の昼間、1000円引きということで、
劇団あぁルナティックシアターの
「黄昏モンスターズ」を観て来ました。

前夜、youtubeの動画を見ていて
夜更かししてしまったので、
めちゃめちゃ眠かった。
失敗したなあ。

確かに楽園はキャパ大きくないけど、
平日の昼間なのに満員でした。凄いなあ。

何度も見ているお客さんもいるみたい。
その日の夜が千秋楽で、それも見るって話してる人がいましたよ。

個人的には全然笑えないネタに
大笑いしているお客さんたちを見て、
好みって色々だなあと改めて思ったりして。

説得力はなかったけれど、
ラストの雰囲気には心があったまりました。
posted by ほーき at 2009年02月25日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2009年02月11日

怪盗ルパン コリアスタロの秘宝を奪え!

2/7のお昼にノーコンタクツの公演
「怪盗ルパン コリアスタロの秘宝を奪え!」を観ました。

主人公はルパン五世。
テイストはやっぱりカリオストロの城ですね。

面白かったです。
オープニングのダンスもなかなか。

クランビ警部役の前田綾香、リリアス役の宝栄恵美、
情報屋メアリー役の松原由賀ら女優さんのレベルも高いかも。

コンスタントに作品を上演してくれるのは
嬉しいけれど、予算が追いつかないです。
posted by ほーき at 2009年02月11日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 観劇

2009年01月26日

Adopted Land

23日の金曜日に後輩のS君に誘われて、
演劇集団ふれる〜じゅの公演「Adopted Land」を
観に行って来ました。

おかげで最近では珍しく知ってる人が
出演してない小劇場の芝居を観る機会が出来ました。

医療問題を扱っているのに、
現実感は薄い設定と展開だけど、
ファンタジーとしては、なかなか面白かったです。

主題歌・挿入歌のalutoの曲がまた
小劇場っぽい雰囲気を出してくれてていいです。

ちょっとCD欲しくなった。
posted by ほーき at 2009年01月26日 | Comment(0) | TrackBack(1) | 観劇

2009年01月13日

Re:『ヌーディスト』

先週の土曜日、今年最初の観劇をしてきました。
佐藤歩嬢が出演しているマーモセットの
Re:『ヌーディスト』

アトリエフォンテーヌだったんですけど、
実に2005年のだっしゅの公演以来で行きましたよ。

作品の方は以前上演された作品のリメイクらしいのですが、
元を知らないので虚心坦懐に拝見しました。

こういうのもたまにはありかなと。
映画監督役の男優さんの上半身が良い体だってのが
なぜか印象に残りました。

おおざっぱに言うとヘビーでハード。
もう少しソフトな方が好みではあります。

佐藤歩嬢はベテラン女優役。
気の強い感じの演技が新鮮でした。

3月には『ヌーディスト』1時間バージョンで
愛知県演劇博覧会に参加するそうなので、
お近くの方は是非。


posted by ほーき at 2009年01月13日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2008年12月24日

サンタが街にやって来た

22日月曜日のソアレに
ちょーごーきんの「サンタが街にやって来た」を
ウエストエンドスタジオで観て来ました。

あいにく夕方近くなってから雨。
そんなに降らないと思っていたので、
折りたたみだったので劇場まで行くのに
一苦労。

ちょーごーきんのいわゆるクリスマス作品は
2本目だけど、今回はシリーズ?と絡むので
ちょっと嬉しい。

櫻井ありす嬢が演じたアデュリン・デュケインは、
私がエンターテイメントで唯一観ていない作品にも
登場しているキャラらしいです。
再演希望!
もちろんアデュリン・デュケインをありす嬢で。

サンタクロースが色んな意味で強すぎることを
除けば物語は面白いし、なかなか満足できる作品でした。



posted by ほーき at 2008年12月24日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2008年12月11日

初めてラヴ・レターズ観ました

多くの役者さんやタレントさんが
出演してきた「ラヴ・レターズ」という
2人朗読劇を観て来ました。

私が観たのは、
鈴木亮平&安めぐみの回です。

安めぐみ目当てでチケットプレゼントに
応募して当たったのでした。

最初は席も後ろの方だし、
座って朗読しているだけなので、
眠そうになっちゃいましたが、
話が進むにつれて面白くて
集中して聴くことが出来ました。

最後は安ちゃん涙ぐんでましたね。

他の役者さんでも観てみたいと思いました。
posted by ほーき at 2008年12月11日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2008年12月08日

ファンクラブ

土曜日のソアレは池袋に移動して、
東京LOVE&HEACEの「ファンクラブ」を
シアターグリーンBASE THEATERで観ました。

だっしゅの境太郎君や三輪車の湯川真紀子嬢が
客演しておりました。

チラシには下町純愛コメディってありました。
下町感はなかったですが、いい感じのラブコメで良かったです。
3300円は高いけど、お金持ちだったら
もう1回見たい作品でしたね。

病院に入院させるより、
商店街でストーリーを進行させて
欲しかったかなとは、ちょっと思いました。

意外に満足度の高い作品でラッキーでした。

posted by ほーき at 2008年12月08日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2008年12月07日

マイケルジャクソンVSブルースリー

土曜日のマチネのこと。
荻窪メガバックスで東京バンビの
「マイケルジャクソンVSブルースリー」を観る。

劇場も劇団も初見でございます。
劇団MerryMakersの笠原麻希嬢が
客演ということで観に行って来ました。

話は、ハチャメチャ小説の演劇版
と言った感じでしょうか。

地上で迫害され、地下で生活するようになった地底人。
声の音波で攻撃する「シャウト」を扱う主人公たち。
タイトルどおりのキャラ。

パワーマイムが微妙な点を除けば、
楽しく見られる作品だったと思います。

ただ一番面白かったのがスクリーンに映した
マンガでのストーリ進行部分なのがどうかなと。

パンフレットにキャストのメイン役が載っていないため、
笠原嬢以外はどの役者さんが何の役をやっていた人なのか
さっぱりです。


posted by ほーき at 2008年12月07日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2008年11月29日

マクベスがいっぱい!

キャプテンチンパンジーの公演
「マクベスがいっぱい!」を観て来ました。

観たのは金曜日の夜の回。
タイトルからも分かる通り、
シェイクスピアを題材とした作品を
キャプテンチンパンジーでは過去にもやっていて、
この「マクベスがいっぱい!」は第3弾のようです。

内容的には、
劇団の役者の男がいて、恋人の妊娠で、
役者を続けるか悩むところにマクベスを演目とした、
演劇大会の予選が行われるといった感じの話でした。

そこに、生まれてくる予定の子供と死神?、
主人公たちの守護霊も絡んでくるといった
ちょっとファンタジーな要素もあって、
ほろり泣かせてもくれました。

主役の四郎を演じた木下伸也氏の演技は
なかなかだと思いました。

個人的に惜しい感じがしたのはラスト。
シーン的には良い終わり方なんですが、
もう少し色んなものに決着つけて欲しい気もしました。
posted by ほーき at 2008年11月29日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇

2008年11月15日

炎の三銃士

真木よう子が電撃結婚したそうですね。

それはともかく、昨日11/14は、
ノーコンタクツの「炎の三銃士」を観て来ました。

ラポタのパンフの予定をみたときから
楽しみにしていた舞台です。
あのキャラたちの過去ということで、
期待を裏切らない出来に楽しめました。

途中でも何度か、ぐっと来るというか、
魂が昂揚するという感覚を味わえる舞台でしたね。

もちろん、役者さんたちの力量が
追いついてない部分も見受けられましたが、
お金と時間があったらもう一度観たい
そんな作品でした。

無意味にも新宿駅から中野駅経由で、
ウエストエンドスタジオまで歩きました。
posted by ほーき at 2008年11月15日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇